フィリモンに達する書



1 パワェル、イイスス ハリストスのめしうどたるものおよ兄弟けいていティモフェイは、しょして、あいなるフィリモン、われどうらうしゃ
2 およあいなるまいアプフィヤ、およわれどうせんしゃアルヒップ、ならびなんぢいへけうくわいたっす。
3 ねがはくはおんちょうへいあんとは、かみわれちちおよしゅイイスス ハリストスよりなんぢたまはらんことを。
4 われつねたううちなんぢおもひて、かみかんしゃす、
5 なんぢあいおよしゅイイススとしゅうせいとにけるしんくにる。
6 ねがはくはなんぢかみきょうちからおこなして、なんぢうちおいて、ハリストス イイススにおよそぜんるをいたさん。
7 けだしわれなんぢあいりて、おほいなるよろこびなぐさめとをたり、けいよ、なんぢりて、せいこころやすんぜられたればなり。
8 ゆゑわれハリストスにりてぜんとして、すべきとところなんぢめいずるをいえども
9 むしろあいゆゑもって、なんぢもとむ、われくのごときパワェル、いたるものいまなほイイスス ハリストスのめしうどれるものは、
10 オニシム、縲絏るゐせつうちみしものために、なんぢもとむ。
11 かれさきには、なんぢえきなきものたりしが、いまなんぢおよわれえきあるものれり、われかれなんぢかへす。
12 なんぢかれこころとしてけよ。
13 われかれかたはらとどめて、ふくいんためくるところ縲絏るゐせつうちに、なんぢかはりてわれつかへしめんことをのぞめり、
14 しかれどもなんぢむねずしては、われなにをもすことをほっせざりき、なんぢぜんむをざるがごとくならずして、しんぐわんらんためなり。
15 けだしらず、かれざんなんぢはなれしは、あるひなんぢながかれけんため
16 すでぼくごとくならず、すなはちぼくえて、はなはだあいするところなんぢが、にくたいおいてもしゅおいさらあいするところ兄弟けいていとしてけんためならん。
17 ゆゑなんぢわれともさば、かれくることわれごとくせよ。
18 かれなんぢおかし、あるひなんぢところあらば、これわれせよ。
19 われパワェルづからこれしょせり、われつぐのはん、われなんぢおのれもっわれへりとはず。
20 しかり、けいよ、われなんぢよりしゅおいところあらしめよ、こころしゅおいやすんぜしめよ。
21 われなんぢしたがはんことをふかしんじて、これなんぢしょせり、われる、なんぢところよりもおほさん。
22 なんぢかつためぐうしょそなへよ、けだしわれしんず、なんぢたうりて、われなんぢたまはらんことを。
23 ハリストス イイススにりてわれともめしうどれるエパフラス、およわれどうらうしゃマルコ、アリスタルフ、ディマス、ルカなんぢあんふ。
24 ねがはくはわれしゅイイスス ハリストスのおんちょうなんぢかみともらんことを、アミン

戻る