フィリッピにする書

 1  2  3  4


1 1 パワェルおよびティモフェイ、イイスス ハリストスのぼくたるものは、フィリッピにるハリストス イイススにけるしゅうせいおよもろもろかんとくしょえきとにしょたっす。
2 ねがはくは、おんちょうへいあんとは、かみわれちちおよしゅイイスス ハリストスよりなんぢたまらんことを。
3 われなんぢねんするごとに、かみかんしゃし、
4 つねおよそたうおいて、なんぢしゅうためよろこびてたうす、
5 なんぢはじめよりいまいたるまで、ともふくいんあづかるがゆゑなり。
6 われふかしんず、なんぢうちわざはじめしものは、これして、イイスス ハリストスのおよばん。
7 くのごとなんぢしゅうおもふはよろしきなり、けだしなんぢこころり、縲絏るゐせつに、およふくいんべんめいけんにするときおいて、なんぢみなわれともおんちょうに与ればなり。
8 かみわれしょうしゃなり、われイイスス ハリストスのこころもっなんぢしゅうあいす。
9 かついのところは、すなはちなんぢあいますますしきおよそしんじゃうとにちゃうじて、
10 なんぢもっともことわきまへ、ハリストスのおいて、じゅんけつにして、きずなく、
11 イイスス ハリストスにりてて、かみくわうえいさんとをあらはさんとするにり。
12 兄弟けいていよ、われなんぢが、われりしことふくいんますますくわうするにたすけしをらんことをほっす、
13 われ縲絏るゐせつは、ハリストスにりて、ぜん公廨こうかいおよかくしょあらはるるにいたれり。
14 しゅけるしょ兄弟けいていうちおほくのものは、縲絏るゐせつりてちからて、ますますぜんとしておそるるなくかみことばつたふ。
15 もの猜忌そねみ競争あらそひとにりてハリストスをつたへ、ものぜんもっこれつたふ。
16 もの分争ぶんさうりて、せいちょくならずしてハリストスをべて、縲絏るゐせつくるしみさんとほっし、
17 ものあいもっこれぶ、ふくいん弁明べんめいするためてられたるをるにる。
18 しからばなんぞや。如何いかろんなく、あるひいつはりこころもっても、あるひまこともっても、ハリストスのつたへられば、われこれよろこび、かつこれよろこばん。
19 けだしわれことすくひいたさんをる、なんぢたうとイイスス ハリストスのしん゜とのたすけりてなり。
20 けだしわれなにごとおいてもはぢず、すなはちおよそ勇敢いさみりて、いまつねごとく、おいあるひいのちあるひもって、ハリストスのさんえいせられんことをかくしんばうするなり。
21 けだしわれためくることハリストスなり、するもまたえきなり。
22 にくたいおいくることわざさば、われなにれをえらぶべきをらず。
23 われふたつものあひだはさまれたり、かれてハリストスとともらんことをねがふ、けだしもっともなり、
24 しかれどもにくたいとどまるは、なんぢためさらせつえうなり。
25 かつわれたしかる、なんぢしんすすみよろこびとのために、とどまりて、なんぢしゅうともらんことを、
26 ふたたびなんぢきたときなんぢのハリストス イイススにけるほこりが、われりてますますくははらんためなり。
27 ただハリストスのふくいんかなひてせいせよ、あるひきたりて、なんぢあるひはなれてなんぢしん゜をいつにしてともふくいんしんためたたかひ、
28 なにごとおいてもしょてきおそられざるをかんためなり。かれにはほろびしるしなんぢにはすくひしるしなり、かみるなり。
29 けだしハリストスのことくわんしてなんぢたまりしは、ただかれしんずるのみならず、またかれためくるしみくるなり、
30 すなはちなんぢが曽てわれおいところいまわれおいところくるしみごとものれなり。

2 1 ゆゑしハリストスにおいあんあり、あいえつあり、しん゜のきょうあり、れんおよきょうじゅつあらば、
2 なんぢわれよろこびたして、なんぢおもひおなじくし、あいおなじくし、たましひいつにし、ねんふことをいつにせよ。
3 なにごとをも分争ぶんさうあるひきょえいりておこななかれ、すなはちけんそんにして、たがひひともっおのれよりまされりとせよ、
4 おのおのただおのれことかへりみるなく、すなはちおのおのひとことをもかへりみよ。
5 けだしなんぢはハリストス イイススのこころもっこころとすべし。
6 かれかみかたちにして、かみひとしくなることひとごろふとせざりき、
7 しかれどもおのれむなしくして、ぼくかたちけ、ひとおなじきものりて、ぐわいけいおいひとごとくなり、
8 おのれひくくして、いたるまでしたがひ、かつじふいたれり。
9 ゆゑかみかれじゃうたかくして、かれおよそゆるたまへり、
10 およてんり、り、およしたものひざは、イイススのまへかがみ、
11 かつおよそしたはイイスス ハリストスがしゅたるをみとめて、くわうえいかみちちぞくせんためなり。
12 ゆゑあいものよ、なんぢつねわれしたがひしごとく、ともときのみならず、すなはちいまらざるときおいては、さら恐懼おそれ戦慄をののきもっおのれすくひせ。
13 けだしかみそのむねもって、なんぢうちに、のぞことをも、おこなことをもすなり。
14 およそことうらみごとなく疑惑うたがひなくおこなへ、
15 なんぢよこしまなるもとれるだいうちおいて、きずなくけがれなくとがなきかみらんためなり。なんぢは、かれうちに、ほしけるがごとひかりて、
16 生命いのちことばたもつなり、がハリストスのおいはしりしことのぜんならず、らうせしことのぜんならざるをほこらんためなり。
17 われなんぢしんまつりほうとのうへそそぎまつりとせらるとも、われよろこかつなんぢしゅうともよろこぶ。
18 ことなんぢまたよろこび、かつわれともよろこべ。
19 われしゅイイススにたのりてすみやかにティモフェイをなんぢつかはさんことをのぞむ、われなんぢしょりて、こころなぐさめんためなり。
20 けだしわれまたおなじきこころもって、しんじつなんぢことおもんぱかものなし、
21 ひとみなおのれこともとめて、ハリストス イイススのこともとめざるにる。
22 しかれどもかれちゅうしんなんぢところなり、けだしかれちちけるがごとく、われともふくいんえきせり。
23 ゆゑわれおのれこと如何いかにならんをらば、ただちかれつかはさんことをのぞむ。
24 われしゅりて、みづからまた久しからずしてなんぢいたらんことをしんず。
25 しかれどもわれ兄弟けいていエパフロディトわれどうらうしゃおよどうせんしゃなんぢ使しゃおよわれとぼしきにきょうせしものを、なんぢつかはすをせつえうなりとおもへり、
26 けだしかれはなはだなんぢしゅうんことをのぞめり、かつなんぢその病みたるをきしをもって、ふかうれひたり。
27 かれじつみてちかづけり、しかれどもかみかれあはれみたり、ただかれのみならず、われにもおよべり、うれひうへうれひくははらざらんためなり。
28 ゆゑわれいよいよすみやかかれつかはせり、なんぢまたかれよろこばんためうれひげんぜんためなり。
29 なんぢしゅりてよろこびつくしてかれけよ、かつくのごとものうやまへ。
30 けだしかれはハリストスのことために、ちかづくにおよび、おのれめいかへりみざりき、なんぢわれけるきょうくるをおぎなはんためなり。

3 1 これえうするに、兄弟けいていよ、しゅおいよろこべ。これことしょしてなんぢたっするは、ためわづらはしからず、なんぢためえきあり。
2 なんぢいぬつつしめ、あくおこなものつつしめ、かつれいつつしめ。
3 けだしかつれいとは、すなはちわれしん゜をもっかみつかへ、ハリストス イイススをもっほこりし、にくたいたのまざるものこれなり。
4 しかりといえどもわれにくたいたのむをべし。にんにくたいたのむをおもはば、われさらこれるなり、
5 われだいはちじつかつれいけ、イズライリのぞく、ワェニアミンのぞくし、エウレイじんよりするエウレイじんりっぱふりてはファリセイ、
6 ねっしんりてはかみけうくわいきんちくしゃりっぱふりてはきずなきものなり。
7 しかれどもえきたりしものは、われこれをハリストスのためそんせり。
8 かつ一切いっさいもっそんす、ハリストス イイススしゅしきまされたるがゆゑなり。かれためわれ一切いっさいもっ芥帯あくたす、ハリストスをため
9 かつりっぱふおのれもってせずして、ハリストスをしんずるにものすなはちしんしたがひて、かみもって、かれうちらんため
10 かれおよそのふくくわつちからり、かつそのくるしみあづかるをりて、かれならはんためなり、
11 あるひ如何いかにしてかよりふくくわつするをん。
12 われすでたり、あるひすでまったくなれりと、ふにあらず、ただわれふ、あるひこれん、ハリストス イイススのわれたるがごとし。
13 兄弟けいていよ、われおのれもったりとおもはず、われただいちつとむ、すなはちうしろわすれて、まへすすむ、
14 標準めあてむかひて、ハリストス イイススにけるかみうへよりのめししゃうふなり。
15 ゆゑわれうちまったものは、くのごとおもふべし、なんぢなにごとおいてかことなるおもひあらば、かみこれをもなんぢしめさん。
16 しかれどもわれすでいたりしところは、われこれおもひ、のりしたがふべし。
17 兄弟けいていよ、われならへ、かつわれはんとしておこなものよ。
18 けだしおほくのひとしばしばなんぢひ、いままたきてところものは、ハリストスのじふてきごとくにおこなふ。
19 かれをはりほろびなり、かれかみはらなり、かれさかえとするところはぢなり、かれじゃうことおもふ。
20 われ居処すまひてんり、われ彼処かしこよりきうしゅすなはちわれしゅイイスス ハリストスのきたるをつ。
21 かればんぶつおのれふくせしむるをちからりて、われいやしきからだくわして、そのかれくわうえいからだかたどれるものるをいたさん。

4 1 ゆゑあいするところしたところ兄弟けいていわれよろこびわれかんむりあいものよ、しゅりててよ。
2 われエワィディヤにすすめ、シンティヒヤにすすむ、しゅりておもひおなじくせんことを。
3 しかり、したしきともよ、われまたなんぢもとむ、ふたりをんなわれとクリメント、およそのわれどうらうしゃその生命いのちしょしるされしものともふくいんらうせしものたすけよ。
4 なんぢつねしゅりてよろこべ、またふ、よろこべ。
5 なんぢ温柔をんじうしゅうじんらるべし。しゅちかし。
6 なにごとをもおもんぱかなかれ、すなはちおよそことおいて、たうぐわんかつかんしゃもって、なんぢもとむるところかみげよ、
7 しからばかみへいあんおよそしきゆるものは、ハリストス イイススにおいて、なんぢこころなんぢおもひとをまもらん。
8 これきはむるに、兄弟けいていよ、およまことなること、およたふときこと、およなること、およいさぎよきこと、およあいすべきこと、およしょうすべきこと、如何いかなるとく如何いかなるほまれも、なんぢこれおもへ。
9 なんぢが、われまなびしところけしところきしところところは、これおこなへ、しからばへいあんかみなんぢともらん。
10 なんぢすでまたわれおもんぱかおもひおこししは、われしゅおいはなはだこれよろこぶ、なんぢさきにもおもんぱかれり、ただざりしなり。
11 われとぼしきにりて、これふにあらず、けだしところもっれりとするをまなべり。
12 われまづしきにることをもり、とみることをもる、およそことおいて、くことにも、うることにも、ゆたかなることにも、とぼしきことにも、みなじゅくれんせり。
13 われかたむるイイスス ハリストスにりて、われよくせざるところなし。
14 しかれどもなんぢくわんなんあづかりて、おこなひしところし。
15 フィリッピじんよ、なんぢる、ふくいんつたふるはじめ、がマケドニヤをでしときあたふることおよくることにおいわれあづりしものは、ただなんぢのみにして、けうくわいいつもなかりき。
16 なんぢフェサロニカにも、いちも、も、われとぼしきにきょうするためおくれり。
17 これふは、おくりものもとむるにあらず、すなはちなんぢえきするしげからんことをもとむるなり。
18 われ一切いっさいあまりあり、われエパフロディトよりなんぢおくりたるしょぶつかうばしきしきかをりれらるべきまつりかみよろこところものとしてけて、れり。
19 ねがはくはわれかみは、そのくわうえいとみしたがひて、ハリストス イイススにりて、なんぢおよそもとむるところたさん。
20 ねがはくはくわうえいかみわれちちきゅうぞくせん、アミン
21 なんぢハリストス イイススにしゅうせいあんへ。われともしょ兄弟けいていなんぢあんふ。
22 しゅうせいことにケサリのいへぞくするものは、なんぢあんふ。
23 ねがはくはわれしゅイイスス ハリストスのおんちょうなんぢしゅうともらんことを、アミン

戻る